« 意匠法による保護 | トップページ | 著作権法による保護 »

商標法による保護

 ここでは、キャラクターについて商標権の観点から見ていきましょう。

 キャラクターの保護といえば、著作権で十分と考えていませんか? しかし、キャラクターを保護しようとしたときに、商標権が威力を発揮する場面が意外とあるのです。

(1)キャラクター名の商標登録は必須!

 一般に、キャラクター名は著作物とはいえません

 ですから、例えキャラクター名を無断で使用されたとしても、それに対して著作権で保護することはできません。

 例えば、黒猫の人形に「ひこにゃん」と名前をつけて販売されたら、困りますよね。しかし残念なことに、このような場面において著作権はほぼ無力です。

 それに対し、キャラクター名を商標登録しておけば、他人が無断でキャラクター名を使って何かグッズを販売することをやめさせることができます。

 どうですか?キャラクター名を商標登録しておくことには価値があると思いませんか?

 また、キャラクターの偽物グッズを販売しようとする業者は、多くの場合、キャラクター名をそのまま使おうとします。

 なぜって? まったく違うキャラクター名を付けてしまっては、偽物であることがバレバレで消費者が買ってくれないからです。だから、大抵はキャラクター名をそのまま使うか、ちょとだけ変えた類似のキャラクター名を使うことになります。

 商標登録をしておけば、キャラクター名そのものを使うことに加え、類似のキャラクター名を使うこともやめさせられます。

 このように、商標権って意外と頼もしいんですよ

 ですから、キャラクター名を思いついたら早めに商標登録を済ませておくことが、キャラクタービジネスをうまく進めるコツといえます。

(2)キャラクターの原画も商標登録?

 実は登録例が結構多いのです。

 なぜだと思いますか?

①商標権が方式主義であること

 方式主義ということは、商標権を発生させるために商標登録する必要があるということです。

 権利を発生させるために登録が必要ない著作権と比べると一見不利のように思えます。

 でも、商標登録するということは、誰が商標権者なのか、いつから商標権が発生したのか、一目瞭然ということなのです。

 しかも、特許庁の厳しい審査を経た上で商標登録されていますから、客観性も担保されているといえます。

②商標権が絶対権であること

 絶対権ということは、たまたま同じような商標になってしまったと主張しても、商標権の効力が及ぶということです。

 たまたま同じような著作物を創作した場合には権利の効力が及ばない著作権とは大きく違う点です。

③美術性が求められないこと

 商標登録をするためには、その商標をどのような商品に表示するのか指定する必要があります。商標をTシャツに表示するとすれば、「Tシャツ」を指定するという具合です。

 この場合、著作権のように、商標を表示したTシャツ自体に美術性を求められることはありません。

(3)まとめ

 商標権による保護を主張するには、商標登録し、商標権を発生させることが必要です。

 確かに専門知識も必要ですが、著作権にはない様々なメリットもあることから、活用しない手はありません。

 キャラクターのまがいものが出回ったときの損害に比べれば、商標登録に要するコストも微々たるものでしょう。

 また、キャラクター名はもちろん、キャラクターの原画も商標登録しておけばキャラクターをより効果的に保護できます。

« 意匠法による保護 | トップページ | 著作権法による保護 »