トップページ | 意匠法による保護 »

不正競争防止法による保護

 キャラクターについて不正競争防止法の観点から見ていきましょう。

(1)最後の切り札!

 著作権による保護が認められず、商標権も意匠権も取得していなかったという場合、何も手段はないのでしょうか?

 そんな場合に考えられる最後の切り札が不正競争防止法による保護です。

(2)不正競争防止法による保護を主張する際の注意点は?

 典型的な不正競争行為として認めてもらうには、以下のような条件を満たす必要があります。

①お互いの商品等表示が似ていること

 商品等表示には、商標だけでなく、商品の容器や包装といったものも含まれます。

②あなたの商品等表示が広く知られていること

 日本全国的とまではいかなくても、ある程度の知名度が必要です。

③相手方の商品等表示があなたの商品等表示と間違えられる可能性があること

 間違えられる可能性があるからこそ、不正競争行為として取り締まる必要が出てくるわけです。

(3)デッドコピーも対象!

 最初の販売から3年以内と期間は限定されてしまいますが、デッドコピーも不正競争行為として取り締まりの対象となります。

 3年という条件からわかるように、意匠権を取得するまでの保護が手薄な期間を補うといった意味合いがあります。

 つまり、何も権利を取得しなくてもいいというわけではありませんので、不正競争防止法はあくまで最後の手段というスタンスで、商標権や意匠権もしっかり取得しておきましょう!

トップページ | 意匠法による保護 »