« 商品化権とは? | トップページ

キャラクター保護のススメ

 このサイトでは、キャラクター保護について、基本的な知識や一歩進んだノウハウをご提供します。

 最近では、全国各地でご当地キャラクターが登場し、各種イベントなどで活躍していますね。

 有名なところでは、ひこにゃん、せんとくん、など。

 キャラクターが有名になってくると、そのキャラクターが商売に利用される機会が増えてきます。

 例えば、ぬいぐるみやキーホルダーなどのキャラクターグッズ販売であったり、ご当地名物のお菓子などの包装にキャラクターを描いたり・・・。

 そして、悲しいことですが、キャラクターが有名になればなるほど、キャラクターが無断で利用されることも多くなります

 無断で類似商品を販売されたり、キャラクター名を使われたり・・・許せないですね。

 せっかく作り上げたキャラクターですから、他人の無断利用から守りたいというのは全てのキャラクター事業者に共通の思いではないでしょうか。

 では、キャラクターを守るためにどんな権利があるかご存じですか?

 商品化権?

 実は、商品化権という権利を明確に定めた法律はないのです。

 大事なキャラクターをしっかり保護するためには、著作権法、商標法、意匠法、不正競争防止法といった法律を適材適所で効果的に活用することが必要です。

 以下に、それぞれの法律がどのような守備範囲をもち、どのような場面でキャラクターを保護できるのかを詳しく解説します。

  1. 商品化権とは?
  2. 著作権法による保護
  3. 商標法による保護
  4. 意匠法による保護
  5. 不正競争防止法による保護

« 商品化権とは? | トップページ